バイクカスタム総合パーツメーカー POSH(ポッシュ)

What's New

カスタムもいいけど


こんにちは。
日に日に年末が押し迫ってきており、やる事もドタバタといつもどおりの年末進行状態の細井です。

こう、ドタバタとしてると、ふと思い立ったかのようにバイクに乗って夜走りに出たくなりますが
目の前のオシゴトが減らないと、おでかけも出来ないですよね~(笑)

ま、そんな感じの年末でございます。
で、こないだ久しぶりにエンジンだけでも掛けなきゃと思い、スターターボタンを押すと
なんとも頼りないクランキング。
バッテリー上がってました(大笑)

押しがけしちゃえ~!でもいいんですが
これ、エマージェンシーでやるんなら仕方ないと思うんですけど、普段から弱り気味のバッテリー搭載の方が
常用している場面もよく聞きます。
はっきり言いましょう。常用したらダメですよ!

なぜかと言いますと、バッテリーが弱っていると、車体の充電系統は1秒でも早くバッテリーを元気にするために
一生懸命に充電しようとします。
レギュレーターはフルで稼動します。ゼネレーターもフルで電気を送り続けます。
これが致命的。
最悪は、レギュレーターはオーバーロードで焼け、ゼネレーターのチャージコイルも焼けてしまい
バッテリーを新品もしくは、充電器による補充電で回避できた二次災害が起こります。

そうなると、修理代金は高くつくことに。
せっかくお金と時間をかけてカスタムしたって、壊れちゃったら意味も無いですよね。

なかなか皆さんに理解をしてもらえないのですが、日々のメンテナンスって、見た目も変らないから
兎角ケチられてしまう部分で、説明もしてもなかなか聞いてもらえません。
カスタムは逆に見た目が大きく変るので、みなさん依頼相談は多いのですが、
カスタムは、キチンとした車体があることが前提で、そのパフォーマンスなどを発揮できるという事をお忘れなく。

例えば、チェーンを520コンバートしてスプロケットもジュラルミンのアフターパーツに交換するのに
スプロケットハブダンパーは寿命キテるとか。

なんだか小言のようになってしまいましたが、私の立場的にはパーツを付けていただけた方がそりゃ嬉しいのですが
あまりにもメンテナンスに重きを置く方が少なく思って書きました。

そんな事書いてる私も昔はそうだったんで気持ちは良く判りますけどね(笑)

キチっとしたメンテナンスで年末も楽しく皆さん走りに行きましょう!

本日のおまけ画像:
142-1
キャブレターがオーバーフローしているにも関わらず、調子が悪い原因を追究しないで
スターターを廻されてしまったエンジン。
4気筒のコンロッドですがフルオーバーホールの際に曲がっていることが発覚と言う衝撃的なコンロッドです。
これでバラすまで実働していたってのが逆にスゲェなと感動しました。

POSH WEB CATALOG

2016年最新カタログをWEBでご覧いただけます。

カタログを見る

© 2016 POSH Co., Ltd.