バイクカスタム総合パーツメーカー POSH(ポッシュ)

What's New

純正は「絶対」ではナイ!と思う。


今年も残りが僅かとなりましたね。
くりぼっち確定の細井です。こんにちは。

あ、告知を忘れておりましたが、弊社東京POSHは12/26最終営業日となりまして、年内の営業を終了いたします。
そして、12/31を持ちまして、国内事業部は解散となり、東京POSHは国内向けの営業活動が終了します。
2017年1月1日以降は、大阪POSH Faith/CF POSHの2社が国内事業を展開いたします。
ざっくり言うと、東京POSHは無くなります。
私、細井も12/31を持ちまして一旦スルーアウトいたします。ってサラッと書く内容ではないですね(笑)

私が手がけた最後の製品、居るうちに間に合うかな~?と思ってたんですが、ちょっと厳しそう。。。
ちょっとだけお話すると、古い型のSRに乗ってらっしゃるユーザーさんには喜んでいただけると思う製品です。
純正部品が既に廃番、代替もナシとなると、社外で探すしか無いわけですが、社外も存在していないとなると大掛かりな修理・モディファイが必要となりますよね。
そんなお助けアイテムです。

詳細が居るうちに入ってくればご紹介いたします!(笑)

純正が廃番ってなると中古を探すとか色々手法はあるんですが、中古は劣化も否めませんしね。
純正が一番!だとしても、劣化していては話になりません。

そして純正が一番であるかと言われると、必ずしもそうでもなかったりします。
なぜかといえば、その開発当時はハイエンドであったとしても、技術革新は日々起こっており、
すぐに古い技術となってしまう物も多いからです。
また、その当時に最新だった技術も時代が経つと実は全く違うアプローチの方が優れていたりとかするわけで。
(難しいところですよね)

話が脱線してしまいましたが、新製品、お楽しみに!

本日のおまけ画像
image1

車種とメーカーはあえて伏せておきますが、純正のフロントフォーク・純正のブレーキキャリパー・純正のローターと
全て新車から交換していないで組みなおしをしたフロントです。

よ~く見るとローターのセンターとキャリパーのセンターがズレているのがお判りになりますでしょうか?
つまり、新車の状態からセンターは出ていなかったという事になります。
ローターなどの「歪み」を一度は疑って測定しましたが、問題はありませんでした。
必ずしもセンターが出ていなければ×かと言えば、そうではありません。キャリパーピストンはセルフセンターを出しますから。
でもコレを見てみぬフリはできませんよね。当然経年変化で、キャリパーピストンの引きずりの原因にもなります。
こういう部分を改善する事でパッドも長持ちしますし、ローターなどのダメージも僅かながらですが軽減できます。
ではまた~。

POSH WEB CATALOG

2016年最新カタログをWEBでご覧いただけます。

カタログを見る

© 2016 POSH Co., Ltd.