バイクカスタム総合パーツメーカー POSH(ポッシュ)

What's New

Cafe Racer HUMMER 修理その3


SR Times 浜瀬さんの愛車がトラブった!
詳しくはコチラ

今月のツーリング…横須賀からフェリーで房総半島、帰りはアクアラインだぜ! ……のつもりが!?

さてさて、前回までにガソリンエンジンの動く3代要素である

①良い空気
②良い燃料

を点検・整備しました。

残るは、「良い点火」だけです。
つまり何かの原因でプラグが失火してしまって、エンジンが不調となる原因があるのではないか
と言う仮説を立てて要因を探っていきます。

SRの点火系統は非常にシンプルで、ジェネレーターから上がってきたパルス信号とチャージ電圧のみを
つかってCDIユニットがイグニッションコイルに電圧を送っているだけです。
(※FI車の場合はちょっと違います。)
つまりここで確認しなければならない箇所は
1)メインキーユニット
2)ジェネレーター
3)CDIユニット
4)イグニッションコイル
となるわけですが
今回の場合は、アイドリングは出来るということ。回転数がフケあがっていかないこと(でもフケ上がる時も有る)
と症状を掴んでいますので、(1)のメインキーは機能していると言う言い方も出来ます。
勿論全てが機能しているからアイドリングが出来るワケですが
(1)に関しては切り離して考えたいと思います。

次に(2)のジェネレーターを点検します。
image3
ジェネレーターカバーを取り外して、点火時期を確認します。
写真を撮り忘れてしまいましたが、タイミングライトを使って計測していきます。
SRはアイドリング時でATDC(アフタートップデッドセンターの略:つまり上死点手前と言う意味です)12°
回転数を上げていくと比例して点火時期は進角していきます。
回転数を上げていくとキチンとピックアップコイルは反応しています。
SRは低速用のピックアップコイルと高速用のピックアップコイルの2つがありますが
キチンと切り替わって進角しているのでこれも問題ナシ。
ちなみにどうでもいい画像ですが、ウチの点滴用支持具の台座は
image2
2H6時代のSRのフライホイールです。

残るは、(3)と(4)です。
ここで異常が無ければ迷宮入りになります。。。。
CDIユニットを後回しにし、先に(4)のイグニッションコイルを点検します。
image3
ちょっと見慣れない測定工具を使用します。
コレ、イグニッションアナライザーと言いいまして
イグニッションコイルの2次側電圧を簡単に測定できるスグレモノなのです。
image4
こんな感じで画面に表示されます。
ちなみに取り忘れてしまいましたが、アイドリング時が3.7KVAと低い。
プラグコードに測定工具の先端を接触させて、測定するのですが、あきらかに2次側の電圧が低い。
整備やエンジンに詳しい方ならご存知かと思いますが
通常、イグニッションコイルには、1次側に300~500V程度の誘起電圧を発生させて
2次側は15,000~30,000V程度の電圧が発生します。(※:4輪のインジェクション車の場合の一般的数値)
それと比較して3.7KVA=3,700V程度では低すぎるのです。
電圧が低ければ当たり前ですがプラグのスパークは弱くなります。
加えて、エンジンの回転数が上がる事により、シリンダー内の燃焼室は圧縮比が上がります。
そうなると弱いスパークは飛ばなくなります。
回転数を3,000RPM程に上げても5.4KVAでは飛ばしきれなくなるのです。
主犯格はどうやらコレのようですね。
負荷がかかると失火する原因はどうやらイグニッションコイルのようです。
image8
本来であれば、イグニッションコイル⇔プラグコイル⇔プラグキャップと、各接続点ごとに
点検が必要となるのですが、今回は試す意味も込めて
弊社のレーシングIGコイル・スピードプロツインシリコンプラグコード付きに交換してみたいと思います。
交換は取り外しの逆手順で組み付けるだけと、至ってシンプルな作業です。
image7
image6
特に注意する点もありませんが、スパークプラグにターミナルキャップが必要となります。
ターミナルキャップはキットに付属しているので、慌てて買いに行ったり探すのに手間取ったりしないのが
いいですね。
イグニッションコイルの鉄心部分に共締めするアース線の金具に若干サビもありましたので
ペーパーで丁寧に磨いておきます。
接触不良などを防ぐためです。
image5
今度はアイドリング時でMAX5.5KVAと二次側の電圧が比較した場合に増えました。
特に始動性が上がったわけではありませんが、明らかに数値に反映しました。
タンク等を組み付け、再度試乗します。
今までの不調は皆無になり、上までしっかりフケる様になりました。
主犯格はどうやらコイツだったようですね。
おそらくはプラグコードといずれかの接続点な気がしますが、無事に改善した様で一安心。
近所をグルっと一周だけしかまだしていませんので、
ちょっと距離を増やして試乗し、不具合が無い事を確認して完了としたいのですが

image9
修理完了の翌日はあいにくの空模様で。。。
天気と路面状況が良くなれば100Km程試乗したいとおもいます。

POSH WEB CATALOG

2016年最新カタログをWEBでご覧いただけます。

カタログを見る

© 2016 POSH Co., Ltd.